History

柳屋と植物素材

柳屋本店は、漢方医・呂一官ろいっかんが1615年に創業。
江戸の日本橋に化粧品を取り扱う店を開き、
植物由来の香油が大変な人気を博しました。
それから約4世紀、柳屋本店は、
これまで培った植物効能の知識を礎に、
ヘアケアをはじめとしたさまざまな
植物由来の化粧品を世に送り出しています。


主な商品の歴史

江戸時代

鬢付びんつけ油「柳清香りゅうせいこう

独自の製法で香木や麝香じゃこうの染みこませ、
香りのよさで大変な人気を博した。

※鬢付油とは…日本髪を整えるための油。
江戸の頃は男女ともに髪を結っていたため生活必需品でした。

明治時代

鬢付びんつけ油「瓊姿香けいしこう

椿油を原料に香りのよさに加え
髪の発育やクセ直しなど、効能面でも好評に。

大正時代

「柳屋ポマード」

ひまし油を主原料とした純植物性のポマード。
男性化粧品の定番として現在も発売中。

昭和時代

「柳屋ヘアトニック」

センブリや延命草などの生薬を配合。
爽快感のある使い心地で根強いファンが多い。

平成時代

「柳屋あんず油」

あんずの種子油と天然の香料を配合し、
軽やかな使用感で若い女性を中心に人気が高い。

柳屋本店